宇都宮 線 路線 図。 JR日光線(宇都宮−日光)の路線図・停車駅

路線図・停留所-関東自動車株式会社

線 図 宇都宮 路線

👋 この京浜東北線開業後の(4年)6月、から北東に分岐し貝塚操車場まで伸びていたを赤羽駅まで延伸したうえで貝塚操車場を廃止、同所にを設けて列車線とすることで、鶯谷駅・田端駅・王子駅を経由していた中・長距離列車と近距離電車線を相互に独立した形で運行させることが可能となり、同年より尾久駅経由の運輸が開始された。 ・本サービスに掲載されている情報は、お客さまに事前に通知することなく、変更することがあります。 上野発小金井・宇都宮行き:1本• (平成22年)、期以降継続して設定されてきた宇都宮線内で完結する優等列車のうち、唯一残されていた特急1往復が、利用者減少を理由として廃止され、栗橋駅より北の区間を走行する優等列車は北海道方面への寝台夜行列車「北斗星」・「カシオペア」のみとなった。

当線の列車は、前日までは貨物線であった新しい旅客線を通ることとなった。 上野 - 宇都宮間の所要時間:1時間26 - 30分• 一方、日中上野毎時25分発の下り列車は、尾久 - 大宮のいずれかの駅で、上野始発の高崎線直通列車に同一ホームで乗り換えができる。

東武宇都宮線の路線図

線 図 宇都宮 路線

😁 JR発足後のに新設され、快速「スイフト」の愛称で毎日夕方に運行された。 (昭和4年):日暮里駅 - - 赤羽駅間が複線で開通、貝塚操車場を廃止し同所に尾久駅開業。

2
詳細は列車項目を参照。 :東那須野駅 - 黒磯駅間複線化。

栃木県鉄道路線図

線 図 宇都宮 路線

😘 上野 - 黒磯間には全区間快速運転の気動車普通列車 511・512・513・514列車、臨時快速 3113・3116列車( 「ゆのか」)および 3118列車が、上野 - 宇都宮間には上野 - 小山間で快速運転する客車普通列車 541・542列車( 「おおとね」)および上野 - 宇都宮間で快速運転する不定期ながら毎日運転の日光線直通客車普通列車 3511・3522列車( 「だいや」)と休日のみ運転の 828列車が、また上野 - 小山間には両毛線直通で新橋 - 小山間快速の客車普通列車 531・532列車( 「わたらせ」)が設定される。 乗換路線. 新線上に、開業。 同時に、小金井駅発着の湘南新宿ラインが宇都宮駅まで延長された一方、小金井駅発着列車のうち毎時1本が古河駅発着へ変更となった。

8
(昭和60年)の東北新幹線上野駅 - 大宮駅間開業後は、昼行の長距離優等列車は特急「」・「」各1往復が残るのみとなった。

路線図・停留所-関東自動車株式会社

線 図 宇都宮 路線

🖐 「宇都宮線」の愛称が設定されたのは(2年) で、それまで「東北線」と案内されていた区間を中心とした区間を走行し、東京駅 - (通過)間と - 黒磯駅間はを、日暮里駅 - 赤羽駅間は東北本線尾久支線()を経由する。

17
(明治29年)4月1日:を含む赤羽駅 - 川口駅間が複線化され、上野駅 - 大宮駅間の複線化完成。

JR高崎線の路線図

線 図 宇都宮 路線

👀 「スーパーひたち」が原ノ町・相馬・仙台方面まで運転されていたが、2011年3月11日のおよびの影響を受けていわき駅 - 仙台駅間が運休となり、2012年3月17日のダイヤ改正で正式にいわき駅発着に短縮。 これをもって黒磯駅以北へ直通する定期昼行長距離列車は消滅した。 、「那須野巻狩祭り」に合わせて行われた「駅からハイキング」の開催日に運行された。

8
東北本線優等列車沿革(東京 - 青森 - 北海道)…• 首都圏のJR線では、年末年始でを実施しており、宇都宮線では『終夜臨時列車』の扱いで湘南新宿ライン(宇都宮駅 - 逗子駅間)が1時間あたり1本運転されていたが、年を追う毎に規模が縮小している。

JR宇都宮線の駅一覧・路線図・お出かけ情報

線 図 宇都宮 路線

😗 快速「日光ハイキング」・「やすらぎの栃木路日光」• (明治26年):開業。 快速「」• 「宇都宮線」の愛称制定後 [ ] (63年)、東北本線の長距離旅客輸送機能がに移され、上野駅 - 黒磯駅間が - 南部・北東部 - 間の輸送に特化されつつある状況を鑑み、当時のであったが、であるのアピールも絡めて、上野駅 - (日暮里駅) - 赤羽駅 - 黒磯駅間の名称を「 宇都宮線」とすることをJR東日本に提案した。 所要時間は、上野 - 宇都宮間で701・702列車が約2時間30分、203・204列車が約2時間40分、217・218列車が約2時間45分、609・610列車が約2時間50分と、急行201・202列車の約2時間30分と同等あるいは15-20分程度遅く、各駅に停車する普通列車の3時間10-20分より20-50分も速い設定であった。

1988年(昭和63年)3月13日• その後寝台特急は2002年までに全廃され、「」は1997年の上越線・羽越本線への運行経路変更を経て2014年に臨時列車となった。 普通列車の運転系統は、宇都宮駅を境にして南北で分離されつつあるが、では、削減傾向の上野駅 - 黒磯駅間の直通列車が増発され、また車両運用に絡んで - 黒磯駅間の区間列車が新設(宇都宮駅乗り換えから小金井駅乗り換えに変更)されるなど、柔軟なダイヤ設定となっている。