ミズナラ シーバス。 【楽天市場】シーバスリーガル ミズナラ 12年 カートン入り(700ml):爽快ドリンク専門店

シーバスリーガル ミズナラ・エディション

シーバス ミズナラ

👍 最後は氷を入れたロックで頂きました。 もうちょっとストレートで飲んでもわかりやすいミズナラ感(くらい、または響の年代モノくらい)が欲しかったなあ・・・とは思う。 【注意事項】 飲酒は20歳を過ぎてから。

10
ウイスキーの甘いテイストが好きな人はお試しあれ。 ひとことメッセージを加えることもできます。

シーバスリーガル12年 ミズナラ

シーバス ミズナラ

🖖 まとめ ということで今回はシーバスリーガル ミズナラ 12年をレビューしてみました。

1
シーバスリーガル ミズナラ 12年の特徴 日本のウイスキーファンの為に作られたウイスキー なんとこのシーバスリーガル ミズナラ 12年は 日本のウイスキーファンに向けて作られたウイスキーなのです。

シーバスリーガルミズナラ12年 定番との違いや風味の一般評価とは

シーバス ミズナラ

🤞 どうもウイスキー大好きトコログです。 日本では「シーバスリーガル12年」、「シーバスリーガル ミズナラ 12年」、「シーバスリーガル18年」、「シーバスリーガル アルティス」、「シーバスリーガル25年」、「シーバスリーガル アイコン」、そして新たに「シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ」が加わり、7アイテムを展開します。 シーバスリーガル・ミズナラ12年はいい意味でも悪い意味でもクセが無いです。

11
シーバスリーガル12年と同様、飲みやすくスムースな飲み心地なので初心者にもおすすめ。

シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュが日本限定発売開始!おすすめの飲み方や評価は?

シーバス ミズナラ

🤗 樽種 ミズナラフィニッシュ• あの結構ゴツいラベルの見た目とは正反対にとても 華やかで上品なウイスキーでした。

9
通常の18年だと、レーズンっぽいかすかなえぐみも残り、ちょっともっさりしてここまでの爽やかさは出ないのだ。 そんなミズナラですが、 国産でしかも 枯渇気味な木材なのでなかなか気軽に味わうことができません。

シーバスリーガル12年 ミズナラ

シーバス ミズナラ

👀 また、ストラスアイラは仕込み水の一部に「フォンズ ブイエン」と呼ばれる古い泉の湧き水を使用しています。

4
『シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ』商品概要 『シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ』は、18年以上熟成されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドし、日本原産の希少なミズナラ樽でフィニッシュした特別なブレンドです。 しかし濃厚な味わいの奥にウッディなニュアンスを感じることができます 総評すると滑らかな口当たりながら舌の上に濃厚な甘さが残り、味わいにいつまでも浸ることのできるといったところ。

シーバスリーガルミズナラ12年 定番との違いや風味の一般評価とは

シーバス ミズナラ

💔 箱入りでギフトラッピングできた• トゥワイスアップ• まずボトルのデザインですが、シーバスお馴染みの丸瓶が採用されています。 シーバスリーガル翌日到着 撮影が床でごめんなさい。 というのもウイスキーにハマったきっかけが響12年という事もあって、トコログの中でミズナラはすこし特別な存在。

14
気軽に飲める3,000円代のウイスキーだった• ミズナラとは日本では北海道で良質なものとされ「ジャパニーズオーク」とも呼ばれるブナ科の落葉樹で、繊細な香りを作り出すことができます。

シーバスリーガル ミズナラ・エディション

シーバス ミズナラ

✌ もちろんストレートもロックもいい感じでしたよ。 とはいえ、支持するレビューではまさにそれが飲みやすさにつながっているわけで、「飲みやすくて甘いウイスキー」「普通のシーバスと比較すると、味の深みがある」「香りとアルコールの強さのバランスが取れていてお勧めできるウィスキー」「口当たりが非常に良く、ミズナラの香りが素晴らしい」といった高評価につながっています。

10
おいしい飲み方では、ストレートやロックが多いようですが、濃いめのハイボールも香りが立って楽しめると思います。

父の日に贈って喜ばれたウイスキー!シーバスリーガル12年ミズナラ

シーバス ミズナラ

🍀 そんなわけでシーバスリーガル12年に興味ある人は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか? お試しにはハーフボトルもおすすめです。 めちゃくちゃ美味いです。

1
そのため、樽を作るためには品質の高い木材の選定と確かな製樽技術が必要とされます。