安全 スローガン。 建設業の安全スローガンについて

スローガンとは? 作成するコツ、浸透させるポイント、各企業の事例などについて

スローガン 安全

📲 英語でスローガンを発信すると「意図が伝わりにくいのではないか」という懸念を抱いてしまいがちですが、日立グループは世界に向けて発信している姿勢をアピールして見事に成功しています。

7
整理整頓、狭い坑内広くして、安全作業の第一歩 出典: 安全標語のキーワードの一例【工場・製造業・建設業】 ここでは、ア行~ワ行のキーワードの一例を紹介します。 安全活動の定着を図る• ゆっくり走る時代です 佳作 青だって 心はいつも 赤信号 佳作 走るより 止まる勇気が あなたを守る 佳作 事故ゼロも 小さな注意の 積み重ね 佳作 その一杯 ことわる勇気が事故を断つ 佳作 老人だ! 佳作 赤しん号 みんな行っても ぼくいかぬ 佳作 気をつけよう 歩道のない道 暗い道 佳作 今日からは はずかしがらずに 手をあげよう 佳作 いそぐより 次の青まで 一休み 運転者向け 内閣総理大臣賞 ゆとりこそ 無事故につながる 道しるべ 総務庁長官賞 踏みすぎた アクセル 青春 踏みにじる 警察庁長官賞 怖いのは ふとしたわき見の その一瞬 佳作 事故を呼ぶ 無理な進入 交差点 佳作 待ってます あなたが渡り おわるまで 佳作 かくれてる あの角 この角 幼ない命 佳作 安全を ベルトに託す 行き帰り 佳作 スピードと スリルに散らすな この命 佳作 身につけた ベルトとマナーで ゴーサイン 佳作 曲り角 人と車が かくれんぼ 佳作 ベルト締め スピードゆるめて 安全運転 佳作 曲がりかど かげに自転車 ミニバイク 佳作 待ったなし 事故は油断の 積み重ね 歩行者向け 内閣総理大臣賞 よく見たね 車こないね 渡れるね 総務庁長官賞 老いの手に 愛の手そっと 交差点 警察庁長官賞 自転車も 止まる習慣 見る習慣 佳作 赤ですよ 声かけ止める その勇気 佳作 年輪に 刻もう安全 無事故の輪 佳作 身につけよう ルールとマナーは 家庭から 佳作 育てよう 止まるしつけと 待つ心 佳作 ペダル踏む マナーが光る 若い街 佳作 赤信号 渡るあなたに 子供の目 佳作 横断は ママの手にぎって 手をあげて 佳作 やってます 無事故のしつけ わが家から 佳作 渡るまえ 止まるしつけを 子に孫に 佳作 手をあげて 渡る笑顔に 待つ笑顔 こども部門 内閣総理大臣賞 ぼくがさき あせる心は じこのもと 総務庁長官賞 きをつけて なれたこのみち かようみち 警察庁長官賞 こうさてん おすな さわぐな ふざけるな 佳作 とびだすと 車がキキーと おこるんだ 佳作 まいにちの なれた道にも おとしあな 佳作 飛び出して 気づいた時には もうおそい 佳作 とびだすな どうろはきみの にわじゃない 佳作 信号機 守ればみんなの ガードマン 佳作 急ぐとき いつも心は 赤信号 佳作 しんごう よくみてわたろう よいこども 佳作 青信号 よく見てわたれば 安全二倍 佳作 くるまさん ぼくがとおるよ まっててね 佳作 ゆずり合い そのこころがけ じこふせぐ 運転者向け 内閣総理大臣賞 守ります ベルトに速度に 車間距離 総務庁長官賞 ただいまと 笑顔ではずす ヘルメット 警察庁長官賞 いつもより スピード出てるよ おとうさん 佳作 交差点 ほほえみかわして ゆずりあい 佳作 ヘルメット あなたを守る パートナー 佳作 社会から 締め出せ追い出せ 暴走運転 佳作 なぜ飲むの 飲んでハンドル なぜ持つの 佳作 すすめるな 命を奪う その一杯 佳作 ハンドルを 持つ手に 子がいる妻がいる 佳作 運転は 命がけより 心がけ 佳作 いけません 一杯ぐらいが 事故のもと 佳作 便利さを 知って忘れる 車のこわさ 歩行者向け 内閣総理大臣賞 安全へ つなぐ老いの手 幼い手 総務庁長官賞 手をひいて わが子に教える ルールとマナー 警察庁長官賞 危険です! 社会貢献の意味合いを持たせる• 今回安全標語を調べる中で、参考にしたサイトはコチラです。

社内スローガン

スローガン 安全

💕 このスローガンはApple社のものですが、創業者スティーブン・ジョブズ氏の信念がそのまま会社のスローガンになっています。 送る リンク• こういった労働環境での人命尊重という観点からも、特に建設業界では、夏季の安全スローガンの提唱や標語の提示が必要と考えます。

10
安全衛生行政の行事 全国安全週間の歴代スローガン一覧 第1回 昭和3年度 一致協力して怪我や病気を追拂ひませう 第2回 昭和4年度 健康は身の為 家の為 國の為 第3回 昭和5年度 締めよ心 盡せよ設備 第4回 昭和6年度 安全は協力より 第5回 昭和7年度 國の礎 我等の健康 第6回 昭和8年度 國の護りぞ 身を守れ 第7回 昭和9年度 守れ安全 日本の飛躍 第8回 昭和10年度 産業安全 祖國の守護 第9回 昭和11年度 國の礎 産業安全 第10回 昭和12年度 興せ産業 努めよ安全 第11回 昭和13年度 安全報國 銃後の護り 第12回 昭和14年度 興亜の偉業に 輝く安全 第13回 昭和15年度 守れ安全 輝く日本 第14回 昭和16年度 總力戦だ 努めよ安全 第15回 昭和17年度 誓って安全 貫け聖戦 第16回 昭和18年度 必勝の生産 鉄壁の安全 第17回 昭和19年度 決戦一路 安全生産 第18回~33回 昭和20~35年度 戦後は、戦時中の産業報国運動に対する批判もあり、安全週間から統制色を払拭したいという気持の現れからも、スローガンによる呼びかけを行わず、以来、第33回(昭和35年)まで、スローガンなしの安全週間が続いた。 また、休業4日以上の死傷者数は101,984人と、前年同期より2. また経営者が社会貢献を謳ったスローガンに反するような言動を取れば、消費者はもとより従業員の士気も下がるでしょう。

全国安全週間の歴代スローガン一覧|安全衛生情報センター

スローガン 安全

💙 最優秀賞 「見る目」「気づく目」「予知する目」一歩先読む安全意識• 佳作 事故は一瞬 補償は一生 佳作 安全は心にゆとりと ゆずり合い 佳作 ベテランも 心に 初心のマークつけ 佳作 シマッタで 踏むブレーキは もう遅い 佳作 いそぎません ねむりません のみません 歩行者向け 内閣総理大臣賞 たしかめて またたしかめて ハイ横断 佳作 一寸まて! 警察庁長官賞 シートベルト 後ろの席も 締める癖 佳作 一瞬の よそ見が奪う 命と未来 佳作 余裕だよ そんな油断が 事故のもと 佳作 停めないで! 出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 と記されています。

5
受け取り側が従業員であれば自社に対するロイヤリティが高まり、顧客であればリピーターの確保につながるでしょう。

会社のスローガン集・例文・年間スローガンの作り方

スローガン 安全

🤫 全国労働安全週間スローガン. もはや、作った人がこの定食を自分の店で売っているとしか考えられない、ちゃっかりプロモーションをしてしまっているおもしろパターンです。 社団法人ボイラ・クレーン安全協会主催の「クレーンの日 (9月30日)」 「ボイラーデー (11月8日)」の標語。

17
建設業• チャイルドシートが ぼくの席 佳作 チャイルドシート 小さな命の 大きな支え 佳作 ごめんなさい 鳴ってもただいま 運転中 佳作 やさしさが ひと目でわかる よい走り 歩行者向け 内閣総理大臣賞 無灯火の きみが見えない 夜の闇 総務庁長官賞 目立つ服 着て吹き飛ばす 老いと事故 警察庁長官賞 行けるかな 迷った時は赤信号 佳作 自転車も 人やくるまに 思いやり 佳作 高齢者 守るひと声 交差点 佳作 年輪に 勝る注意の 積み重ね 佳作 信号機 青でも離すな 子供の手 佳作 ちょっとだけ 停めた自転車 みんなの迷惑 佳作 幾つもの 危険が交わる 交差点 こども部門 内閣総理大臣賞 まもろうね みっつのいろの おやくそく 総務庁長官賞 ランドセル 見えたらスピード ひかえてね! ア行 安全職場、安心、安全、安全第一、明るい職場、あせらず、明日から、安全ロック、危ないぞ!、安全帯、焦ったところで 意識して、今やろう、いつまで続く、命は一つ、命取り、命ある、異常事態に、いつもと違う、一瞬の、急がない、いたわり合い うまくいかない、上から下から、動き始めは、運転中 笑顔で迎える、笑顔が一番、エラーです、エラーない 大きな声で、怠ると、教えてもらう、お決まりの、起きてからでは、お互いさま、思いやり カ行 確認作業、改善策、快適職場、考えて、家族の笑顔、過信が招く、確実に、稼働前、変わらない 危険個所、危険な作業、危険です!、危険予知、気を抜くと、気づかない、基本動作、基本です、気を配り、機械、急ピッチ、厳しい言葉 工夫して、靴ひもしめて ケガ、ケガするぞ!、現場では 声かけて、声かけで、心に、行動に、コンセント、心がけ、高所作業、困り物、困ったときは、工場、後悔するぞ、工具の点検 サ行 再確認、作業改善、作業開始、作業環境、作業前、させません、させない、作業者、支え合い、最優先 しっかり確認、自主的に、事故、事故招く、事故防止、自分で守る、初心、自覚して、邪魔になるもの、障害物、就業前、職場の仲間、習慣化、しない、自分じゃなくても、時間がない すぐにやる、少しだけ、少しの間、少しの違い、スイッチOFF、遂行します ゼロ災害、全員参加、世界に発信、設備管理、清掃方法、責任感、責任者、整理整頓、正確に 相談しよう、その目で見て、その一言が、その油断 タ行 高める意識、第一歩、大丈夫、助け合い、誰かやる、妥協許さぬ、頼るな 誓います、近づくな!、注意する、小さな変化が 積み重ね、つまづく、通路を遮る、ついうっかり、続ける、強い心 電源落とす、停止して、手抜きして、手を出すな 取り組む姿勢を、トラブル回避、止まらない、動力源、動作確認 ナ行 慣れた作業、仲間に、なくそう危険、なれ合いで 年末年始無災害 ハ行 はさまれた、はさみこみ、話し合う ピンチに、一人一人の、人に頼るな、ひやりと、一呼吸、一言で 不注意で、防ごう ヘルメット 保護具、誇り マ行 任せるな、周り見て、守るんだ、マンネリ化 みんなで改善、みんなで守る、みんなで目指す、見逃すな、ミス 無災害、無理せず、無事故 めんどくさい、目配り もう一度、もう一回、もう遅い ヤ行 やってくる ゆく年くる年、ゆとりから、油断せず、指差し、指差呼称、ゆっくりと よそ見して、予測して、よかったです ラ行 落下物 ルールを守り 労働災害 ワ行 忘れてた、わかってます、忘れ物、我が社の 最後に 以上、工場・製造業・建設業における安全標語の作り方の一例と、キーワードの一例を紹介してきました。 工場・製造業・建設業 まず、工場・製造業・建設業がテーマの安全標語の場合には、例えば、社内であらかじめ詳しい内容や趣旨が決められている場合があります。

スローガンとは? 作成するコツ、浸透させるポイント、各企業の事例などについて

スローガン 安全

✊ ライバル会社に負けないようにイノベーションすることも大事ですが、それよりもまず大事なのはお客様が望むイノベーションを行うことです。

15
企業全体のスローガンや他部署のスローガンの内容を加味しながら、高め合える内容を考えましょう。

21安全スローガン

スローガン 安全

😄 標語の誕生経緯については、 「青森県民に分かりやすく、親しみやすい、効果的な警察広報活動の推進を目的として18年5月から6月にかけて、県下警察官・警察職員に対して、県内各地域の方言を使った標語やスローガン等を募集しました。 基本的に標語やスローガンというのは、「上の句、中の句、下の句」の3つからできています。 」 しゅっぱつまえに シートベルト 佳作 まもります わたる所は おうだんほどう 佳作 わたりません。

なお、応募作品の著作権は主唱者に帰属します。 佳作 わたる時 たすけて あげよう おとしより 佳作 あぶないよ 車のすぐ前 すぐ後ろ 佳作 お母さん バイクに乗るなら ヘルメット 佳作 あぶないよ! 時間をかけて検討すると「企業として消費者に伝えたいこと」が鮮明になってくるはずです。

社内スローガン

スローガン 安全

✍ 最優秀賞 車間距離 あなたの心があける距離• これらを学ぶことで、自社の年間スローガンを作る参考になるでしょう。 意訳には 「ちょっとくらいだったら酒を飲んでも 問題ないだろう そうじゃないだろそれだと だめだよ」 とある。

13
優秀賞 気が焦り 確認不足で事故のもと 第16期(H30. リンク• 会社全体でこのスローガンを実現している証拠でしょう。 建設機械やクレーンの事故• 以下、建設業安全標語の例をご参照下さい。