ホルスト 惑星。 LNSOFT(エルエヌソフト)

知れば100倍楽しめる!ホルスト組曲『惑星』より木星を徹底解説!

惑星 ホルスト

⚡ 曲は初めに、美しさに満ち溢れ、大自然の空気さえも感じさせる第1主題がホルンと木管によって穏やかに出されます。 原題: Jupiter, the Bringer of Jollity• マジか! また自転の回転方向が地球と逆に回っています。 に初演された『神秘的なトランペット吹き』にはからの強い影響が見えるが、その後はより単純なイギリス民謡に引かれるようになっていった。

そして第3部では、最初の3つの主題が中心となって転調が巧妙に繰り返され、最後はフォルテッシモによる力強いコーダで曲が結ばれます。 金星、引き締まったホルン。

ホルスト『惑星』の副題を覚えよう!

惑星 ホルスト

😋 一度 ヴォーン=ウィリアムズの『海の交響曲』や『管弦楽曲「揚げひばり」』などを聴き比べてみて下さい。 トゥッティのエネルギー感はあまりありませんが、細部まで表現を練ってあるような聞かせどころの多い演奏です。 同年代で活躍した作曲家にドビッシーやストラヴィンスキーがいます。

ここでは曲順で、それぞれの星の神について簡単に触れておこうと思います。

ジュピター(木星)「ホルスト:組曲『惑星』」【その魅力と名盤を解説】宇宙を耳で感じよう!!

惑星 ホルスト

😋 他にもホルストは「ハマースミス」や「ムーアサイド組曲」など吹奏楽のための曲を残しています。 今ではクラシックの代表曲の一つに数えられていることは言うまでもありません。

学力の高さだけでなく音楽・芸術・スポーツにも力を入れていることで知られています。

ホルスト:組曲『惑星』、タルボット:『世界、星々、システム、無限』 サロネン&フィルハーモニア管弦楽団 : ホルスト (1874

惑星 ホルスト

😔 それに、確か小学校の音楽の授業でやる曲にも入っていましたよね。 マリナーはこの大きな編成を掌握しきれていないような感じがします。

20
火星、落ち着いたテンポで、冒頭の5拍子の刻みにも強弱をつけて積極的な始まりです。 前の月で約2年間に亘りじっくり聴いて来た「古典派及びロマン派特集」の3つのシリーズが丁度終わりましたので、この日は <七夕、そして星の曲>というテーマで『惑星』の大管弦楽の醍醐味を堪能しました。

グスターヴ・ホルスト

惑星 ホルスト

🤝 遠ざかって消えて行きます。 結構、スペクタル要素のある、色彩的で派手な演奏なのだが、抑揚が少なめで、変拍子の面白さが、ちょっと生かされていないかもしれない。 弱音部をちゃんと聴こうとヴォリュームを調節すると、強音部がものすごい音量になってしまうので要注意。

そんなことですから、 宇宙の神秘をじっくりと、存分に感じたい方には、とても大きな感動を約束してくれる1枚ですよね〜。

ホルスト:組曲『惑星』、タルボット:『世界、星々、システム、無限』 サロネン&フィルハーモニア管弦楽団 : ホルスト (1874

惑星 ホルスト

😆 宇宙に向かって、ロケットが発射されたような感じで、猛烈な噴煙が巻き起こっています。 海王星、神秘主義者 神・・・ネプトゥーヌス ネプトゥーヌス(ネプチューン)は、ローマ神話における海の神です。

12
当時、すでに忘れ去られていたホルスト:組曲「惑星」でした。 それがメータ&ロス・フィル盤だったのですが、私のハマりっぷりを面白く思ったのか、父が「同じ《惑星》でも違う演奏がある」といってプレヴィン盤を買ってきたのが、私の《惑星》遍歴、ひいてはクラシック遍歴の始まりでした。

ホルスト 惑星

惑星 ホルスト

🤩 演奏者の気持ち 実は私は昔オーケストラに所属していた頃この『木星』を演奏したことがあります。

7
アハハ~ ちょっと意表をつかれてしまうが、 う~ん。 詰まったような浅い響きです。

ホルスト:組曲「惑星」は本当はアヴァンギャルドな曲だったのだ

惑星 ホルスト

😩 完成されすぎて、「肌感覚が足りない」なんて感も無くはないですが、その 「完成」そのものもある意味、個性ですね。 ちょっと残念な演奏でした。 この『惑星』は占星術における惑星とローマ神話の関係にインスピレーションを受けて作られた作品なのです。

5
その後、毎年、この記念日には式典において歌われています。